実例紹介~他媒体からIndeedへ~

前回の私の記事では、紙媒体からIndeedに切り替えられたお客様の成功例をお話しました。
今回は、ネット上の他媒体からIndeedへ切替えた成功事例をご紹介いたします

これまでの状況

地域専門の求人媒体に月10万円で掲載しておりましたが
応募は1ヶ月に1件あるかないか。という状況でした。
目標に対しては到底足りてない状況でした。

Indeedに掲載してみて

同じく月10万円以上の応募で、平均で月5件以上の応募。
多い時には月に7件の応募が発生!

 

なぜここまで差が付いたのか?

なぜIndeedに掲載してからここまで成果が出たのでしょうか。
その理由は2点あると考えます。

1.アプローチできるユーザーが増えた
Indeedは現在2500万のアクセスがございます。(2018年9月時点)
これは数ある採用媒体の中でも最も多く、2位のタウンワークが1,800万アクセスなので
ダントツの1位と言っても良いでしょう。
ですので、今まで出会えなかったユーザーにも出会えるようになりました。

2.AIを使ったマッチング
Indeedは掲載順位の決定にAI使用しています。
そのユーザーの検索履歴や閲覧履歴などをAIがキャッチし、高精度なマッチングを
行っているため応募につながりやすい媒体になっております。

ネットの媒体ではIndeedはユーザー数、掲載数共にNo.1です。
現在使用している媒体の効果に疑問を感じた場合は是非Indeedをご検討ください。

 

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティングを担当し、現在はIndeedの運用も担当。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. 熊本県×Indeed

  2. 紙媒体からIndeedへ

  3. Indeedを使っているのに応募が来ない… その原因を徹底…

  4. indeed直接投稿で応募が獲得できるようになった改善例

  5. Indeedと一緒に使う広告手法とは?~採用マーケティングの手法を紹介…

  6. 実例紹介~他代理店からK2へ~

  7. 紙媒体とネットではどっちが有効??~変わりゆく求人~

  8. 新潟県×Indeed

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ