夏休みは求人の季節?休み期間は掲載すべきか

 

もうすぐ学生は夏休みに入る季節。
果たしてこの期間はインディードの活動は変化はあるのでしょうか。
休みだからこそバイトを探す人が増える?遊びたいから仕事探しはされにくい?

今回は夏休み期間の戦略についてお話いたします。

夏の求人市場は?

そもそも夏は求人の動きはどうなのでしょうか。
「Googleトレンド」を使い、いくつかの求人ワードを調べてみました

どのワードで調べても、共通して検索が落ち込んでいる期間がございます。それが、お正月、ゴールデンウィーク、お盆休みの3期間です。
お盆はお正月やゴールデンウィークほどではないですが、求人の検索需要は減少する傾向にあるようです。
夏休み期間に注目すると、7月20日頃から徐々に需要は減り始め、お盆で最低になり、その後盛り返していく
という流れが見受けられます。

夏のインディードの活かし方

上記の状況を踏まえると、多くの方は
「検索需要が減っていく夏休み前半は掲載をやめて、後半に掲載をスタートしよう」とお考えになられるかと思います。
結論から申し上げますと、Indeedではこの考え方は良くありません。

上の考え方は従来の求人媒体で、「2週間掲載でOO万円」というスタイルの広告であるならば正しい考え方かと存じます。
ただ、インディードはクリック課金制です。
つまり掲載しているだけでは料金は発生いたしません。
お盆に検索需要が減るとはいえ、当然ゼロではございません。
むしろ、上記の考え方で掲載をやめる競合企業があるなら、ライバルが少ないためとてもチャンスです。

ぜひお盆期間をチャンスと捉えてIndeedの掲載の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティング部門で多くのクライアントを担当、現在はIndeed運用責任者。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. Indeed Explore for Agency

  2. 警備員

    警備スタッフもIndeed

  3. Indeedで表示回数が少ないときの対処法

  4. 改めて比較。主要求人媒体で使われているのは?

  5. 直接投稿?クローリング?

    「直接投稿」と「クローリング」、掲載方法どちらがいいの?

  6. indeed代理店の選び方!

  7. Indeedへの求人掲載方法

  8. 事務スタッフの求人募集ならインディード

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ