Indeedに掲載期間はあるの?

Indeedに掲載期間はあるの?

こんにちは!寒い日が続きますね…
もうすぐバレンタインということもあり、プレゼント用にと思いながら自分用のチョコレートを買う手が止まらない今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか…。

さて、今回はIndeedの掲載期間についてお話していこうと思います。

求人誌や求人サイトに掲載するときは「〇週間でいくら」と、求人広告の掲載には掲載期間が設けられています。
求人広告は出したことがあるけれど、Indeedは未経験という方は、Indeedで掲載する場合掲載期間はどうなるの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

結論から言うと、Indeedには具体的な決まった掲載期間はありません

では、有料掲載と無料掲載のそれぞれの掲載期間について確認していきましょう。

有料掲載と無料掲載の掲載期間

先ほどもお話しした通り、Indeedでは定まった掲載期間はありません。
求人を掲載する際、有料掲載と無料掲載の2種類の掲載方法がありますが、どちらにおいても期間は設けられていません。

しかし、それぞれの掲載には特徴があります。

無料掲載の場合

「まずは無料で求人登録!」とCMでも言っているように、Indeedは無料で使えるサービスです。
Indeedに登録をして求人を掲載すると、Indeedの管理画面上ではその求人を公開するか休止や停止にするかを選択できるようになります。
公開を選択した状態だと、その求人は掲載された状態になっていることを意味します。

ですが無料枠の場合、掲載し始めたらそれ以降もずっと掲載当初と同じように求職者にアクセスができるわけではありません。
具体的な掲載期間はありませんが、掲載してから時間が経過すると同じように無料で掲載を始めた求人がどんどん新しく出てくるため、求人内容が更新されず古い状態のものは、求職者が検索したときの検索結果画面での表示順位が下がっていってしまいます。

管理画面上では公開の状態で期限なく掲載し続けることは可能ですが、表示される回数は少なくなっていくため、継続的な効果はあまり期待ができません。

有料掲載の場合

Indeedは予算をチャージして、有料枠に求人を掲載することができます。
有料枠は、求職者から見て目立つ場所に表示され、無料枠と比べ数倍~数十倍のアクセスを集めることができます。検索結果画面で、「スポンサー」と記載があるものが有料掲載ですね。
また、掲載に対して費用が発生するのではなく、求職者がクリックをしたことに対して費用が発生します。

有料掲載の場合、このチャージした予算を使い切らない限り求人を掲載し続けることができます。

予算がある間は掲載し続けることができるので、具体的な掲載期間の指定などはありません。

もし途中で掲載を停止したい場合は、Indeedの管理画面から求人を「募集終了」や「休止」の状態に変更すれば、それ以上掲載されることはありません。代理店に運用を依頼している場合は、連絡をすればすぐに対応していただけると思いますよ。

また、日額や月額予算を設定することができるので、採用計画に合わせて掲載期間と、それに対する費用を調整することができます。

転職希望者が活発に活動をする時期や通常より力を入れて人材が欲しい期間は予算を増やしたり、少ないときは予算を減らすなど、効率よく採用することが可能です。

まとめ

Indeedの掲載期間は、企業の採用計画や予算に応じて自由に決めることができます。
また、人材が確保できた場合などに求人の掲載を一時的に停止することができるので、無駄な費用も掛かりません。

これを魅力に感じて、自社でIndeedに求人を掲載することを検討する企業様もいらっしゃるかと思いますが、その際に問題になるのは、掲載の方法がよくわからない、Indeedの運用の担当者をつける余裕がない、掲載した後の運用ノウハウがない、といったことが実際に多いようです。

もしご質問や掲載・運用代行等ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせくださいね。

 

Seki haruka

大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。 趣味はスマホゲームにイラストロジックに、ちまちました作業にハマり気味。
国語が得意でIndeedではその能力を遺憾なく発揮。 求人内容を書かせると右に出る者はいない。

関連記事

  1. 不動産業界の求人もインディード!

  2. 秋田県でもインディードで採用を!

  3. Indeed求人内容を定期的に更新することで応募率を上げる!

  4. Indeedの料金体系とは(代理店経由の場合)

  5. 和歌山県でもインディード

  6. クローリング型

  7. 埼玉県×Indeed

  8. 「岡山県」×Indeed

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ