人事担当が知るべき! Indeedの詳細

CM,交通広告などで見かけない日はないIndeed。
その話題性もはや言うまでもないでしょう。
ただ、皆様はインディードをどれほどご存知でしょうか。
「名前は聞いたことがある」「最近よく聞く」
このような人も多くいるのではないでしょうか。

今日はインディードの詳細をお伝えいたします。

歴史

誕生したのは2004年11月のアメリカ合衆国。
日本にやってきたのは2009年11月のことでした。
現在では世界中の主要な市場をリードしております。

ユーザー数

2018年6月の数値

日本では、月間訪問者数約2400万
これは他媒体を圧倒的に上回る数字であり、いかに求職者の信頼を
得ているのかお分かりいただけると思います。
また、毎月新たに370万件以上の求人が追加されており、情報量の多さも
閲覧数の多い要因となっております。

また、日本国内における求職者数は1,130万人と言われていますが
月間のユニーユーザー数は680万人と求職者の60%がIndeedを利用していることになります。
これは利用しない手はないですね。

デバイス

 

日本国内では、検索の約80%がモバイルから発生しております。
「スマホで見やすいサイト」というのは、インディードで
効果を出す上でも非常大切なポイントになっております。

 

いかがでしたでしょうか??
インディードについて新しい発見が皆様にあれば幸いです。

やってみようかな…
正しく使えているかな…

という方はお気軽にお問い合せください。

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティングを担当し、現在はIndeedの運用も担当。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. Indeed 金銭面のメリットとは??

  2. 求人応募者と連絡が取れない?!

  3. 事務員求人の掲載はIndeed!

  4. 地方求人サイトもIndeed

  5. Indeedと特に相性のいい企業・職種とは?

  6. 求める人材

    「求める人材」毎に求人を分けて応募率アップ!

  7. 求人内容の考え方

    キーワード(求人内容)の考え方

  8. 宮崎県×Indeed

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ