新卒採用 × インディード

インディードといえば、いまや日本トップの求人媒体です。
ただ、そんなインディードも若干弱い求人のジャンルというのが
ございました。
それが、

新卒採用

実際に今、新卒採用でインディードは使われているのでしょうか?
中途採用・アルバイト探し。
この二つでは、インディードを使う方は多いと思います。
そして、新卒採用でも使う方が増えてきているというのが私の実感です。

実は私、会社内で採用のお仕事も携わっております。
今年、弊社に頂いた応募のうちIndeedからの応募が全体の1割ほどございました。

インディードといえば、圧倒的な求人数の多さ。
新卒で入社する会社は人生でたったの1社です。
そう考えれば、情報が多いインディードで探すというのも決して不思議ではありません。

そして、企業側にもメリットがあると思います。
それは、自社サイト経由で応募が取れることです。
私は、採用面接を行っていて、「果たしてこの子はうちのサイトをちゃんと見たのだろうか。。」
と思う子もいました。
ただ、インディード経由で応募された方には、そのようなことは全く無く、面接も有意義な
ものとなりました。

冒頭でも申し上げたように、新卒採用は若干苦手なジャンルではございます。
ただその状況も改善傾向。
来年の新卒採用時にはインディードの時代が来ているかもしれません。

弊社では新卒採用における学生との接触時期やリーチの方法など様々なノウハウを保有しています。

新卒採用の際は是非ご覧ください。
https://indeed.k2c.co.jp/recruit/

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティングを担当し、現在はIndeedの運用も担当。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. クローリング型

  2. 職種名にもネームバリューを!

  3. Indeed クローリング型掲載で応募が来ないのはなぜ?

  4. 事務員求人の掲載はIndeed!

  5. 和歌山県でもインディード

  6. K2コミュニケーションズの運用。~他社とは違う本格マーケテンング~

  7. 問い合わせ急増中!~介護福祉業界~

  8. indeed直接投稿で応募が獲得できるようになった改善例

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ