Indeedは応募がきにくいのか??~他とは違うIndeedの応募をご説明~

弊社を経由し、Indeedへご掲載を頂いた企業様で時々このような声を耳にします。

「インディードって他の媒体より応募が少なくない?」

確かにそのように感じても不思議ではございません。
しかし、それにはしっかりと訳があるのです。
今回は、こちらをご説明させていただきます。

まず、最初に申し上げておきたいのは、冒頭の発言をされたお客様も
インディードの効果は実感頂いているということです。
つまりは、応募は少なくてもきっちりと採用には繋がっているのです。

少ない応募でも確実に採用に繋げられる。。
面接の手間は少なく、採用が出来る。。
これは採用ご担当者にとって理想ではないでしょうか?

インディードがそのような状況を作り出せるのは、求人をしている企業のためのサイトではなく、「求職者のため」のメディア
であることが最大の理由になります。
求職者が本当に求めている仕事に就けるよう、AIが過去の検索履歴や位置情報を把握して掲載順位を
決め、ユーザーに求人を見せております。
つまり、応募者の質が他のメディアと比べてとても高い。というのが採用に繋がりやすいポイントになります。

もう一つ、インディードはまとめて応募、簡単チェックなどの簡単な応募がございません。
インディードは採用を目的にしているのに対し、他メディアは応募を多く取ることを目的にしているのです。
よって、他の媒体に比べて応募が少ないという状況が生まれることもあるのです。

求人をされる企業様にとって、最大の目標は応募ではなく、採用であることは自明です。
むしろ、応募だけが多いと、面接等の手間だけ増えてしまい、却って悪い状況ではないでしょうか。
少ない応募で採用に繋げられるIndeedは採用ご担当者様の負担をも減らしてくれる最良のメディアになっております。

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティングを担当し、現在はIndeedの運用も担当。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. 栃木県×Indeed

  2. K2コミュニケーションズの運用。~他社とは違う本格マーケテンング~

  3. Indeed クローリング型掲載で応募が来ないのはなぜ?

  4. 群馬県×Indeed

  5. indeedで営業職を獲得!

  6. 介護士の採用でお困りのあなたに

  7. 運用改善で応募獲得を!

  8. Indeed企業ページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ