インディードだけで終らせない!リマケで更なる採用促進

ますます盛り上がりをみせるインディード!
弊社にも「おかげで採用が決まりました!」というありがたいお言葉を
頂きます。

世界NO.1求人サイトのインディード。
しかし、インディードといえども求人情報を見た後に
応募に至らず離脱する人は当然います。
ただ、御社の求人情報をチェックしているということは
そのユーザーは、御社に興味を持っているということです。
皆様、離脱したユーザーをそのままにしていませんか?
それは非常にもったいないことです。
この離脱ユーザーを追っかけることが出来るのです。

それが、リマーケティングという広告の手法です。

remarketing

なお、この方法は「クローリング型」で掲載されている企業様のみに
適応できるもので、「直接投稿型」では行えないものになります。

「クローリング型」の場合Indeedから自社サイトにユーザーを誘導します。
その際に、自社サイトに訪問した痕跡を記憶するための「リマーケティングタグ」というもの
をサイトに設置します。
それだけで、アクセスデータを蓄積することが出来ます。
つまり、アクセスのあったスマホやPCなどのブラウザのリストが出来上がります。
そして、その蓄積されたブラウザのリストにのみ、GoogleやYahooのツールを用い
広告を配信できるのです。
サイトにはアクセスしたが
応募に至らなかったユーザーにのみ広告を配信することができるのです!

インディードの平均応募率は約0.4%と言われております。
多くのユーザーは自社の求人情報をみても途中で離脱しているのです。
それでも、一度は興味を持って自社サイトを訪問したユーザーを追っかけないのは
応募獲得のチャンスを逃しているかもしれません。

クローリング型で掲載しているのにリマーケティングしていなかった・・・
そのような企業様はぜひ一度お問い合せください。

 

<著者>

Yuto Shimizu

早稲田大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。
入社時よりデジタルマーケティングを担当し、現在はIndeedの運用も担当。
趣味は銭湯めぐりとスポーツ観戦

関連記事

  1. Indeedで効果が上がらない時のチェックポイント

  2. 埼玉県×Indeed

  3. 旅館・ホテルのスタッフもインディード

  4. 小売業界でもインディード

  5. 応募単価が4ヶ月で半額に!その秘密を大公開

  6. Indeedにおける効果的な求人広告の書き方

  7. 佐賀県×Indeed

  8. 愛知県×Indeed

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ