求める人材

「求める人材」毎に求人を分けて応募率アップ!

1つの求人に複数の「求める人材」が存在することの問題

1つの求人に複数の「求める人材」を含んでいる掲載がしばしば見られます。
介護求人を例にしますと、職種名が「介護スタッフ」とだけ書いており、中身を見ると『介護福祉士』、『初任者研修者』、『未経験』すべての「求める人材」を含んでいる場合があります。実はIndeedにおいてこの求人作成方法では、多くの問題をはらんでいるのです。今回はその問題と解決方法をお教えします。

複数の「求める人材」があると何が問題なの?

Indeedのようなクリック課金媒体では、無駄クリックの発生が費用対効果に大きな影響を与えます。Indeedの特徴として求人内容のキーワードやフレーズは検索語句になります。そのため、前述した「介護スタッフ」という求人ですが、『介護福祉士』、『初任者研修者』、『未経験』それぞれが検索語句となり経験者でも未経験者でも求人広告が表示されクリックされえしまいます。

求人改善

求人改善

 

図のように、1つの求人に3つの「求める人材」が含まれることによって、無駄クリック【無駄課金】を発生させてしまいます。
WEBサイトの求人ページでは『新卒採用』と『中途採用』の募集要項をわけられていますよね?実はそれと同じ事なのです。
では実際の事例と共に、その解決策をご紹介します。

複数の「求める人材」問題、どのように解決する?

この問題の解決方法は「求める人材」毎に求人を作成することです。
恐らく「求める人材」によって月収や年収も大きく異なると思います。なので、「求める人材」毎に求人掲載を行うことが最も効果的です。
例:
求人① ○○施設の介護福祉士 月収¥200,000~¥230,000
求人② ○○施設の介護スタッフ|経験者歓迎 月収¥190,000~¥210,000
求人③ 介護スタッフ|未経験者大歓迎|充実した研修制度 月収¥170,000~¥190,000

上記のように「求める人材」毎に求人を分けることによってパフォーマンスも大きく向上します。

「求める人材」毎の求人掲載が大切

以上のように、「求める人材」毎に求人を分けることによって、Indeedのようなクリック課金型の求人媒体ではパフォーマンスが大きく向上します。
また、求人が複数あることで表示回数の増加や、平均クリック単価の低下などにも貢献します。
現在、複数の「求める人材」を1つの求人で掲載している採用担当者は、求人を分けて掲載することをご検討ください。

弊社はIndeed正規代理店シルバーパートナーとして、様々な求人を運用しております。
取引実績800社を超えるマーケティングノウハウで、求人を分析し改善を図ります。
また、Indeedのデータを分析し他の広告に利用するなど採用活動全体を全力でバックアップします。
まだ一度もIndeedを利用されたことのない採用担当者様や現在のIndeed運用代行に不満を持たれている方は、K2コミュニケーションズ自慢のIndeedサービスをご検討ください。

キャンペーン実施中
2020年6月30日までのお申込みに限り、初回お申し込み分の運用管理費(通常:広告費の20%)を無料とさせていただきます。

詳しくはお問い合わせください。

Indeed求人広告 掲載 無料相談はこちらから

インディード

indeed special site

Kazuki inomoto

大学卒業後、K2コミュニケーションズに入社。。
趣味は写真撮影と海外ドラマ視聴。 WEB全般の知識を会得するため、日々猛勉強中。
デジタルマーケティングコンサルタントとして、 インディードとWEB広告全般を運用中。

関連記事

  1. 群馬県×Indeed

  2. 「福岡県」×「Indeed」

  3. Indeed Explore for Agency

  4. 地方求人サイトもIndeed

  5. Indeed(インディード)ならすぐに応募が来る? 長期的な掲載で応募…

  6. 島根県 × Indeed

  7. indeed直接投稿で応募が獲得できるようになった改善例

  8. インディード代理店として

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブページ